満員御礼。ありがとうございました。

DSC_0754

シリコンバレー落語会に参加いただいた皆様、ありがとうございました。
皆様のおかげで、両日ともにほぼ満席、土日で200名近い方にお集りいただきました。

初日はエアコンのトラブルで、大変暑い思いをさせてしまい、申し訳ございませんでした。
でも室伏広治選手による飛び入り鏡割りのサプライズがあったので、落語に加えてさらに喜んでいただけたかと思います。

日曜日の親子会は、萬橘師匠の子供扱いの巧みさに加え、おかあさんたちの積極的な参加もあり、たいへん楽しいひとときでした。
懇親会も両師匠を囲んで和気あいあいと会を終えることができました。

師匠たちは無事日本に戻られました。お集りくださった皆様にくれぐれもよろしくお伝えくださいとの伝言をいただいております。

ありがとうございました。

スタッフ一同

いよいよ明日!シリコンバレー落語会

fukagawa

とうとう今週末に迫った第八回シリコンバレー落語会を前に、興行の成功を祈って深川の不動様にお参りされた両師匠の写真が届きました。今頃は飛行機の苦手な圓橘師匠が機内で急ピッチでお酒を飲まれている様子が目に浮かびます。本日夕方に到着の後、スタッフと打ち合わせを行い明日からの講演に控えます。明日の初日は3時半開場で以下のようなプログラムとなっております。

6月1日

[十徳]萬橘

[蒟蒻問答]円橘

中入り

口上。円橘、萬橘

[湯屋番]萬橘

今週末!シリコンバレー落語会

【EVENT】今週末!シリコンバレー落語会 « シリコンバレー地方版

とうとう今週末となりました、第八回シリコンバレー落語会。きつつき改メ三遊亭萬橘師匠がどんな「火焔太鼓」を演じてくれるのか楽しみで夜も眠れない編集長です。

落語を聴くようになったのは実はこのシリコンバレー落語会がきっかけで最初にお手伝いさせて頂いたのが、四代目三遊亭小円朝師匠の襲名披露公演でした。海外で初めて日本の伝統芸能に触れるというのも不思議な感じですが、実際に日本を離れて初めて興味も持った日本の文化は他にも沢山あります。中にいるとあたりまえで気づかない良さ。最近では、外国人に人気がでることで再注目される日本のマイナー文化も多いと聞きます。

シリコンバレー落語会は堅苦しい雰囲気の全くない和気藹々としたイベントです。これまで落語を一度も聞いたことが無い、全く興味がかなったという方もお楽しみ頂ける内容です。是非、ご参加下さい。当日会場でお待ちしています。

チケット購入 | 第八回シリコンバレー落語会

ポスター掲載協力者を募集します。

落語会のポスターができました。できるだけ多くの人に知っていただくために沢山の場所に掲示できればと思います。
店舗をお持ちのお見せのオーナーさんや、学校や企業内で掲載可能な施設マネージャーの方(を知っている人)

ポスターを貼ってもいいよ」とご連絡下さい。この記事にコメント頂くか、info@svrakugo.com宛にご連絡下さい。

サイズは11×17インチ(レターサイズ2枚分)となります。

poster-1

演目

6月1日
[十徳]萬橘
円橘が橘つき(現萬橘)に一番初めに教えた噺。

[蒟蒻問答]円橘

中入り

口上。円橘、萬橘。

[湯屋番]萬橘。
襲名披露の寄席の初日にこの噺を演り、メディアの評判を取りました。

6月2日
[出来心]萬橘
これは、思っ切り笑って下さい。そう為らなくとも、それは師匠の責任ではありません。

[関取千両幟]円橘。
円橘から萬橘に送るエールです。

中入り

口上。円橘。萬橘。

[火焔太鼓]萬橘。
伝説の名人志ん生に挑戦します。